耐性の昆虫学 - 田中誠二

耐性の昆虫学 田中誠二

Add: epumutyr12 - Date: 2020-11-28 07:53:35 - Views: 3646 - Clicks: 8489

店で!:bk:耐性の昆虫学 / 田中誠二 - 通販 - Yahoo! Affiliation (Current):国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構,生物機能利用研究部門,再雇用職員, Research Field:Applied entomology,Plant molecular biology/Plant physiology, Keywords:トノサマバッタ,相変異,大発生,サバクトビバッタ,休眠,異種染色体導入コムギ,オオムギ,虫害抵抗性,昆虫,高密度, of Research. ギルバート, デイビッド・イーペル 著 ; 正木進三, 竹田真木生, 田中誠二 訳: 東海大学出版会:. 耐性の昆虫学 。 外部サイトで調べる: 著者名等 。 田中/誠二‖編著 。 小滝/豊美‖編著 。 田中/一裕‖編著 。 出版者 。 東海大学出版会/秦野 。 出版年 。. 研究代表者:田中 誠二, 研究期間 (年度): –, 研究種目:基盤研究(b), 応募区分:一般, 研究分野:応用昆虫学. 積木久明,田中一裕,後藤三千代()昆虫の低温耐性: その仕組みと調べ方.岡山大学出版会. 朝比奈英三(1991)虫たちの越冬戦略.北海道大学図書刊行 会. 田中誠二,小滝豊美,田中一裕()耐性の昆虫学.東海 大学出版会. 引用文献.

耐性の昆虫学 (田中誠二,田中一裕,小滝豊美/東海大学出版会)の書評は本が好き!でチェック!書評を書くと献本が. 耐性の昆虫学 - 田中誠二/編著 小滝豊美/編著 田中一裕/編著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 生態進化発生学: スコット f.

リー,jr 著 急速低温耐性の制御 藤原義博 著 ニカメイガ幼虫の凍結障害の発生と回避機構 積木久明,泉洋平 著 ショウジョウバエの冬への適応. 耐性の昆虫学 田中誠二, 小滝豊美, 田中一裕編著 東海大学出版会,. 4度傾いているため、温帯から高緯度地域に生息する生物のすべては、昼と夜という明暗の周期に加えて、春夏秋冬といった季節変化にさらされている。外温動物である昆虫は、このような地球の年周期変動に応答して、温暖で食物の豊富な春先から夏に成長や生殖を行う。一方、気温が低く餌の乏しい晩秋から冬にかけて休眠(diapause)と呼ばれる特別な生理状態に入ることで、生存に不適切な厳しい冬の環境をやり過ごしている。休眠とは、哺乳類の冬眠に相当する生理機構である。 休眠に入った昆虫は積極的に発育を停止あるいは抑制しており、次の発育段階に進むことはない。休眠に入る発育段階は遺伝的に決められており、休眠はその発育停止段階によって、卵休眠、幼虫休眠、蛹休眠、成虫休眠と呼ばれる。一般的に、一つの種が休眠に入るステージは一つだけで、休眠は生活史の中で一度しか起こらない。昆虫は、日長(光周期)や温度の変化から季節の到来を予測することで、実際に環境条件が悪化する前に休眠に入る(図1)。光周期に対する生物の反応は光周性と呼ばれており、休眠は光周性の一つである(光周性のメカニズムに関しては、『トピックス:光周性』を参照のこと)。 初秋の短日や温度の低下によって誘導される休眠のおかげで、晩秋に一時的に気温が上昇したとしても、卵のふ化、幼虫の発育、蛹の羽化、あるいは生殖活動などは起こらない。そのため、低温耐性の低い非休眠個体が餌の乏しい冬の低温環境にさらされることはない。このような発育制御に加えて、休眠中の昆虫は、通常の生物が生存不可能な過酷な低温や乾燥に耐えることができる。また、休眠中の昆虫は呼吸や代謝を著しく低下させており、食物を取らなくとも長期間にわたって生存することができる。日本のような温帯地域では、多くの昆虫は休眠状態で越冬するため、休眠期間中に低温耐性(耐寒性)(cold tolerance) を増す種が多い(一部の昆虫は、休眠が浅くなってから低温にさらされることで低温耐性を増すことも知られている)。.

田中誠二, 小滝豊美, 田中一裕 編著 「カマキリの雪予想はまちがいである」とする科学的証拠を提示。 様々なきびしい環境に対して昆虫が見せる「耐性」とその制御メカニズムに焦点をあて、昆虫の多様性と昆虫学のおもしろさを伝える。. 田中誠二, 小滝豊美, 田中一裕編著. 耐性は進化への道 耐性は進化への道 正木進三 著 / 寒さに対する適応 南極に棲息するユスリカ d. 様々なきびしい環境に対して昆虫が見せる「耐性」と、その制御メカニズムに焦点をあて、昆虫の多様性と昆虫学のおもしろさを伝える。 著者紹介: 1952年生まれ。農業生物資源研究所大わし支部所属。昆虫研究員。専門は昆虫学。. 121ポイント(1%) 通常配送料無料. 6: 休眠の昆虫学 : 季節適応の謎: 田中誠二, 檜垣守男. Amazonで誠二, 田中, 一裕, 田中, 豊美, 小滝の耐性の昆虫学。アマゾンならポイント還元本が多数。誠二, 田中, 一裕, 田中, 豊美, 小滝作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

耐性の昆虫学/田中 誠二/小滝 豊美/田中 一裕(自然科学・環境) - 「カマキリの雪予想はまちがいである」とする科学的証拠を提示。様々なきびしい環境に対して昆虫が見せる「耐性」と、その制御メカニズムに焦点をあて. 様々なきびしい環境に対して昆虫が見せる「耐性」と、その制御メカニズムに焦点をあて、昆虫の多様性と昆虫学のおもしろさを伝える。 著者紹介: 1952年生まれ。農業生物資源研究所大わし支部所属。昆虫研究員。専門は昆虫学。 一般件名. 東海大学出版会. 田中 誠二 | /8/24. 耐性の昆虫学 - 田中誠二 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 急速低温耐性強化 (rapid cold hardening) とは、数時間以下の穏やかな低温にさらされることで、さらに厳しい低温に耐えることができるようになる現象である。急速低温耐性強化は、野外でみられる長期間の低温暴露によって獲得される低温耐性 上記2)を参照のこと とは異なり、長期間の低温暴露に対しては有効でない。また、その効果は常温に戻すとすぐに失われてしまう。急速低温耐性強化は、例えば、温帯域での夜間の気温の低下に適応するための仕組みであると考えられており、細胞膜のリン脂質を構成する脂肪酸の変化などが関わると考えられている。 以上のように、休眠や低温耐性の獲得と進化は、熱帯に起源をもつ外温動物である昆虫が温帯や高緯度地域、あるいは高山地方へ進出する際に、非常に重要な役割を果たしたと考えられる。.

耐性の昆虫学 フォーマット: 図書 責任表示: 田中誠二, 小滝豊美, 田中一裕編著 言語: 日本語 出版情報: 秦野 : 東海大学出版会,. 2: 耐性の昆虫学: 田中誠二, 小滝豊美, 田中一裕 編著: 東海大学出版会:. 6 形態: xiv, 427p ; 22cm 著者名:.

田中 誠二,田中 一裕,小滝 豊美『耐性の昆虫学』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約1件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 「耐性の昆虫学/田中誠二」の通販ならLOHACO(ロハコ)! ヤフーとアスクルがお届けする通販サイトです。. 【2500円以上購入で送料無料】【銀行/コンビニ決済不可】。【新品】耐性の昆虫学 田中誠二/編著 小滝豊美/編著 田中一裕/編著. 📖 さあさあ、オマエはどこまで耐えられるっ!?研究者によるイジメ(環境の変化)にしたがって、体内反応が劇的に変化する昆虫の生理メカニズムがおもしろい!正木進三 ”シリアカニクバエSarcophaga crassipalpisの不休眠虫で,高温や低温への順化が実験的に確かめられている。25℃に飼育し. See full list on webcatplus.

所属 (現在):国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構,生物機能利用研究部門,再雇用職員, 研究分野:応用昆虫学,植物分子生物・生理学, キーワード:トノサマバッタ,相変異,大発生,サバクトビバッタ,休眠,異種染色体導入コムギ,オオムギ,虫害抵抗性,昆虫,高密度, 研究課題数:6, 研究. 蟲の本ですね。 メカニカルな代謝変化の妙の調べっぷり具合は、 『樹の中の虫の不思議な生活 穿孔性昆虫研究への招待』 に似たテイストです。 特筆点その1. 昆虫は、自身の生息場所で自然に生ずる低温で死亡することはめったに無い。渡りをする一部の種を除き、多くの昆虫は低温耐性を高めることで、冬の低温に適応している。昆虫の低温耐性は、気温の低下や日長の短縮を引き金とした代謝経路や生理状態の変化によって増大する。氷点下の低温にさらされる昆虫は、凍結への耐性の有無によって凍結耐性型 (freeze tolerance) 耐性の昆虫学 - 田中誠二 と凍結回避型 (freeze avoidance) の2種類に大別される。凍結耐性型昆虫は、細胞外を満たす体液が凍結したとしても、死に直結する細胞内凍結 (intracellular freezing) が起こらなければ生存できる。一方、凍結回避型昆虫は凍結を避ける仕組みを備えているが、凍結は致命的であり、体液や組織など体の一部が凍結すると虫体全体の凍結が起こり死亡してしまう。. 耐性の昆虫学/田中 誠二(昆虫)の最新情報・本の購入(ダウンロード)はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。書店で使えるhontoポイントも貯まる。国内送料無料で、最速24時間以内出荷。.

6 。 ページと大きさ 。 14,427p/22cm 。 件名 。 昆虫 。 適応(生物学) 。 分類 。 NDC8 版:486. ジャンル・特集: 昆虫と自然: 著者/編集: 田中 誠二(元農業生物資源研究所研究員) 定価: 本体1,713円+税: 発売日:. タイトル: 耐性の昆虫学: 著者: 田中誠二, 小滝豊美, 田中一裕 編著: 著者標目: 田中, 誠二, 1952-著者標目: 小滝, 豊美, 1960-. 単行本 ¥12,100 ¥12,100. 田中誠二タナカセイジ 1952年生。オレゴン州立大学大学院博士課程修了。Ph.D.(昆虫生理学・生態学)。農業生物資源研究所大わし支部。昆虫研究員。専門は昆虫学、特に昆虫の生活史と多型現象を研究 小滝豊美コタキトヨミ. a) 内因性氷核と対になるものとして、外因性氷核がある。外因性氷核は、昆虫の体外に由来するもので、摂食に伴って消化管内に取り込まれる。外因性氷核には、消化管内の食物の残渣に加えて、物理的氷核(塵や粘土鉱物など)と生物的氷核(細菌等の微生物)の2種類がある。一般的に、氷核活性は後者の方が高い。凍結回避型昆虫は、低温期には摂食しないこと、そして消化管内にある氷核となり得る物質(糞や未消化物質など)を積極的に排出することで凍結を回避している。 b) 表面が濡れていない昆虫を徐々に冷却していった時、ひとりでに凍る温度のことを過冷却点 (super cooling point) と呼ぶ。過冷却点は血液中にある氷核の氷核活性や消化管内容物の有無や質(凍りやすさ)によって決まる。凍結回避型昆虫の中には、過冷却点が低温による致死温度と一致する種がいる。このため、過冷却点は昆虫の低温耐性を評価する上で、とても重要な指標の一つと位置付けられてきた。一方で、凍結回避型昆虫の一部は、過冷却点より高い温度でも冷温死することが知られており、昆虫が実際に死亡する温度を過冷却点から評価する場合には注意が必要である。 c) 糖類や不凍タンパク質など、溶液に加えることで、液体の凝固点を下げる効果のある物質を指す。 d) グリセリンやトレハロース等の糖類は、凍結耐性型昆虫の凍害回避にも重要な役割を果たしている。細胞内に蓄積した糖類は、細胞膜を構成する脂質二重膜を安定化させたり、細胞内小器官を構成する各種のタンパク質や酵素が凍結に伴う脱水や濃縮で変性することを防いだりする働きがあると考えられている。 図1 ハエの成虫休眠の模式図. ソーンダース著)サイエンス社 1981. 様々なきびしい環境に対して昆虫が見せる「耐性」と、その制御メカニズムに焦点をあて、昆虫の多様性と昆虫学のおもしろさを伝える。 【著者紹介】 田中誠二 : 1952年生。オレゴン州立大学大学院博士課程修了。Ph.D.(昆虫生理学・生態学)。.

もしかしたら宇宙でも耐えられる虫たち 昆虫の耐性学 田中誠二・小滝豊美・田中一裕編著 虫というものは、宇宙から飛来したエイリアンに違いないと常々思っていたが、本書を読んで益々確信を深めてしまった。. 様々なきびしい環境に対して昆虫が見せる「耐性」と、その制御メカニズムに焦点をあて、昆虫の多様性と昆虫学のおもしろさを伝える。 著者紹介: 1952年生まれ。農業生物資源研究所大わし支部所属。昆虫研究員。専門は昆虫学。 件名1: 昆虫: 件名2: 適応. 『耐性の昆虫学』(田中誠二・小滝豊美・田中一裕編), 東海大学出版会 ; 訳書 『昆虫の光周性』(ア・エス・ダニレフスキ-著)東京大学出版会 (日高敏隆、正木進三)1966 『昆虫時計』(d. See full list on cns. 「耐性の昆虫学」の購入はオンライン書店BOOKFAN @Yahoo! (11/1時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:タイセイ ノ コンチュウガク|著者名:田中誠二、小滝豊美|著者名カナ:タナカ,セイジ、コタキ,トヨミ|発行者:東海大学出版部|発行者カナ:トウカイダイガクシユツパンブ|ページ数:427p|サイズ. 昆虫だけでなくワラジムシやクマムシ先生とかまで登場してしまうんで、昆虫ではなく.

/102/de0e8ff29681 /915805 /535162 /0baa75b0-78

耐性の昆虫学 - 田中誠二

email: uzonunev@gmail.com - phone:(563) 513-9289 x 6366

新派の芸 - 波木井皓三 - オフィシャル応援ブック 日本女子フィギュアスケート

-> シティーメイキングガイド レイアウト編
-> ザ・ムーン<完全版> 1972-1973 - ジョージ秋山

耐性の昆虫学 - 田中誠二 - 豊沢豊雄 褒章の貰い方教えます


Sitemap 1

現代愛新覚羅氏一族の書画 - 菅泰正 - シリーズ 今西英雄 いま日本の 日本の花卉園芸光と影